大井競馬 2歳新馬で勝ったシテイタイケツのレースが海外でも話題に 20馬身以上後方から全馬ごぼう抜き 【動画】

衝撃のレースは、27日に行われた大井競馬の第4レース、ダート1400メートルの2歳新馬戦で生まれた。6頭が揃ったスタートを見せたが、2番のシテイタイケツ(牡・上杉昌宏)の鞍上、矢野貴之騎手が突然バランスを崩して鞍に尻をついた体勢に。馬が砂を嫌がったのか、大きく取り残された。
レースは4頭が先団を形成し、競り合うハイペース。そこから1頭が10馬身以上離れ、シテイタイケツはさらにそこから10馬身。向こう正面では先頭から20馬身以上遅れてしまった。

3、4コーナーで徐々に差を詰めたが、直線の入口でも15馬身ほどの差がある。普通ならここで勝ち負けからは完全に圏外になるところ。しかし、だ。
矢野騎手の鞭が飛んだシテイタイケツは、残り1ハロンで1頭を交わすと、ここから凄まじい勢いで加速。大外から1頭また1頭と交わしていくと、残り100メートルで競り合う2頭を一気にぶっこ抜き、突き抜けた。他馬が止まって見えるほどの脚色の差。終わってみれば、4馬身差の圧勝でデビュー戦Vを飾ったのだった。

勝ち時計は1分30秒6、上がり3ハロンは驚異の37秒4。レース全体の上がりは40秒5、2着馬は41秒4だったから、いかに異次元の末脚だったか見て取れる。このレース映像はツイッター上で80万回以上再生されるなど、バズ状態に。「根岸Sのブロードアピール」「エルコンドルパサーの新馬戦かな?」「デュランダルに見えた」「ディープインパクトみたい」とファンに語り継がれる名馬の追い込みレースになぞえらえる声が上がったが、海外メディアも取り上げる事態に発展している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/91434c2b6d70028787ec0a04fbf5df6ca425ce21




名無し
しかもダートかよ
名無し
寧ろダートだからだろう
名無し
ブロードアピールかよ
名無し
全盛期のクロフネより速いだろ
名無し
中央でも見てみたい
名無し
これは強いな
中央でやるべき
名無し
芝の方がいいんでない?
名無し
序盤は競馬になってなかった
名無し
まあ新馬戦ならこういうことも起こるわな
俺も5級ぐらいの相手なら10手差の将棋も逆転できるし
名無し
は?
何言ってんのお前
名無し
名前がシテイタイケツなのかw
名無し
ところが普通に出たら負けたりするんだよな


クリックのご協力をm(__)m
 にほんブログ村 競馬ブログへ




楽天

コメントを残す

©競馬予想倶楽部