帝王賞(JpnI)2022年 レース映像 結果と配当

[競走概要]
第45回帝王賞 JpnI
2022年6月29日(水)
大井競馬 第11競走 2000m(右)
天候:晴 馬場:良

[馬番/出走馬/騎手(所属)]
1番/スワーヴアラミス /松田大(JRA)
2番/オメガパフューム /Mデム(JRA)
3番/ノンコノユメ   /真島大(大井)
4番/ネオブレイブ   /今野忠(川崎)
5番/オーヴェルニュ  /福永祐(JRA)
6番/チュウワウィザード/川田将(JRA)
7番/クリンチャー   /森泰斗(船橋)
8番/テーオーケインズ /松山弘(JRA)
9番/メイショウハリオ /濱中俊(JRA)

払戻金
単勝
1,920円
複勝
270円
190円
140円
枠連複
500円
馬連複
3,960円
枠連単
660円
馬連単
11,700円
三連複
3,180円
三連単
40,390円

[レース紹介]
上半期のダート頂上決戦として全国から実力馬が集う。1995年にダート交流重賞となって以降、アブクマポーロ、メイセイオペラ、アジュディミツオー、フリオーソら、地方競馬の歴史に名を残す馬たちが勝ち馬に名を連ねている。地方馬も8勝と健闘が目立つが、11年以降は中央馬が連勝中。ダート中距離のトップホースが出走するため上位人気での決着が多いが、21年は10番人気のノンコノユメ(大井)が2着に入り、3連単は238万円の波乱となった。(斎藤 修)

クリックのご協力をm(__)m
 にほんブログ村 競馬ブログへ





楽天

コメントを残す

©競馬予想倶楽部