米国の「モンスター馬」に衝撃 2歳牝馬ジャスティーク 超新星の持ったままで“全頭ごぼう抜き”の「驚異的姿を見よ」※動画

米国の「モンスター馬」に衝撃 2歳超新星の“全頭ごぼう抜き”の「驚異的姿を見よ」

父は米3冠馬ジャスティファイ、2歳牝馬ジャスティークのデビュー戦とは
米競馬界に「モンスター馬」と呼ばれる2歳牝馬が鮮烈デビューを飾り、話題を集めている。7月31日(日本時間8月1日)に米カリフォルニア州のデルマー競馬場の第8レース(ダート1100メートル)。ジャスティーク(ジョン・シレフス、父ジャスティファイ)が最後尾から9頭を抜き去る完勝劇を見せた。海外メディアは動画付きで「驚異的なデビューを見よ」「ライバルたちを冷酷に消し去った」と報じている。

次世代の最強馬になれるか。出遅れたジャスティークは最後尾からうかがう展開。ここから促しながら1頭、また1頭と捉え、5番手で最後の直線を迎えた。グングンと伸びるが、鞍上のビクター・エスピノーザは手綱をほぼ持ったまま、最後は追わず。出たスピードで流し、2馬身半差をつけて完勝した。

https://nordot.app/928622047363448832?c=113147194022725109

クリックのご協力をm(__)m
 にほんブログ村 競馬ブログへ





楽天

コメントを残す

©競馬予想倶楽部